昔の冷凍車


断熱できる機能は冷凍車も保冷車も付いていますが、冷蔵機は冷凍車にしか付属していないのです。したがってわずかな時間で配送可能な品物でない限りは保冷車は使用不可能で遠くに冷凍食品などを配達する時には絶対に冷凍車を利用しなければいけなくなっています。
現代の社会に冷凍車は欠かせない乗り物だと言えるかもしれません。冷凍車が無ければ、コンビニエンスストアのアイス製品は全部消えて無くなります。冷凍の食品も消えて無くなります。冷凍した果実ももってのほかです。今の人が味わっている食べ物の多くが冷凍車無しでは成立しないのです。
食文化をかなり変えた道具が冷凍車なのです。冷凍車のメリットは冷凍したままの状態で日本全国に品物を運ぶことができることになりますが、冷凍車があるからこそ我々は手間をかけずに料理をすることができるようになったのです。毎朝作らなければいけない家族のお弁当も冷凍食品があることで非常に重宝しているという人も大勢いると思います。
さまざまな目的に使える冷凍車と言えますが、一番冷凍車を必要としている業態は、もちろん食品業界です。冷凍肉のブロックや冷凍魚を扱う水産業はもちろん、アイスを扱う企業にも冷凍車は欠かせない車です。その他氷のモニュメントを作るような会社も冷凍車は必須です。

通常の冷凍車は冷凍輸送だけでなく、冷蔵保存まで可能です。その結果、生の食べ物から冷凍食品まで、いろいろな食品の運搬に使い回せます。それは特長と言えます。輸送会社にも輸送可能な荷物の選択肢が拡大します。ビジネスチャンスを違った形で開拓できるようになります。
今はトラックタイプの冷凍車が普通に存在しますが、そもそも冷凍車とは鉄道のコンテナからスタートしました。鉄道の本場アメリカで冷凍食品を運送するべく鉄道用コンテナが作られました。その原理がだんだんとトラックにも取り込まれるようになっていきました。日本でも少しずつ普及するようになりました。

大ざっぱに冷凍車と言いますが、温度がそれぞれ異なっているので、運送できるアイテムも変わってきます。マイナス25℃まで冷やせる車種の場合は、氷菓や冷凍肉類、冷凍魚類を運びます。氷点下前後からマイナス15℃くらいの車種なら冷凍の食品を主に運びます。
類似したトラックに冷蔵車や保冷車が存在しますが、基本的に冷凍車は冷凍庫を丸ごと搭載して走る運搬車だと考えてみるといいです。保冷車は運搬車の荷台部分が断熱材で梱包されただけの状態ですが、冷凍車はマイナス25℃までの冷凍機能を持った空間が積載されているのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *