冷凍車を修理するには


一般的なトラックの場合は、4トンロングで燃費が7キロくらいです。ほとんどどのメーカーでも国内産のトラックは同程度です。さらにコンテナを冷凍にするとどうしても重量が上がりますし、アイドリングでエネルギーを使うので、燃費は低下してしまいます。ただし、ハイブリッドタイプになると燃費は10キロを上回ります。
多種多様な積載トン数の冷凍トラックが販売されています。軽トラックの大きさから4トンの冷凍車まで何種類もあるので、配送荷物に合わせてサイズをチェンジするといいです。中にはバンタイプの冷凍車もあります。冷凍食品を配送するだけではなく、氷のディスプレイなどを運送もできます。
優れた点が大きい分、デメリットも大きな冷凍車と言えます。コンテナの内側を冷凍するべくさまざまな機器を搭載しています。例えばコンデンサー、外部バッテリー、冷凍器機などになります。それらの装置の重量が燃費効率に悪く影響し、燃料代が通常のトラックよりも若干かかるというデメリットも存在します。
一言で冷凍車と言いますが、幅広い温度の設定が可能です。低温冷凍車は冷蔵温度から零下15℃前後まで、超低温車になると零下20℃ほどからマイナス25℃くらいまでになります。荷物によって温度を設定してください。当然ですが超低温車の方がエネルギーを消費してしまいます。

トラックのエンジンを切っても冷凍状態が活動を続ける冷凍車と、トラックのエンジンをストップすると冷凍モードまでストップする冷凍車が存在しています。後者はエンジンの駆動力で冷凍装置を動かすので、常にエンジンを付けていないと、冷凍機能が止まってしまうのです。その結果駐車中もエンジンはアイドリングしており、燃費は非常に下がります。
冷凍車のエンジンを停止したのと同時に冷凍庫の電源もストップしては意味が無いので、近年の冷凍車は特に大きな車種になるほど、冷凍機能の電源が車体とは別個で用意されています。最新モデルではハイブリッドの蓄電源をエンジンオフ時の副電源に使っている冷凍車もあります。

仕様をちゃんと確認して冷凍車を選ぶようにして下さい。冷凍車と一口で言っても様々なタイプがあって、大きさだけではなく冷蔵の性能がそれぞれのトラックで違うので、利用する目的にマッチさせるようにして、一番適した冷凍車を選択して購入するようにしなければいけません。
コンテナの内側を氷点下状態にして食品などを運送できる冷凍車です。自家用車の冷房装置と同じような機器が荷台の中にも独立して用意されているのです。走行中はもちろんですが、一部の車種ではトラックを駐車し、エンジンを止めたままでも、冷凍機能が予備の電源で持続されるようになっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *