印刷はコンビニエンスストアでもできます

同人誌を作っている友人が、コンビニエンスストアで印刷をするそうです。プリンターがないと無理だと思っていたので、これは驚きました。最近のコンビニは、コピーだけでなくプリントアウトもできるのです。自宅のパソコンで原稿を作り、それをネット上にアップロードすると、コンビニからそのデータをプリントアウトできるのだそうです。しかもカラーでもできるので、本の表紙などにも間に合ってしまいます。コンビニでプリントアウトをし、ホッチキスで留めて簡単に製本も可能です。手順としては、まず専用のアカウントを取り、決められたサイズで原稿を作ります。データが大きすぎるとアップロードできないので、その点は注意です。アップロードすると原稿に番号が割り振られるので、コンビニでその番号を入力するとプリントアウトできます。プリンターを買うほどではないけどたまにプリントしたい、という人におすすめの方法です。

コンビニで文書を印刷しよう

ビジネスマンなどは、出先で原稿を作り、そのままお得意さんへ持って行きたい、という場合もあります。タブレット端末やネットが発達した今でも、まだまだ全てデジタルでというわけにはいかないのです。そこで、ちょっとした文書を印刷しなければいけない場面も多いです。わざわざ会社へ戻ったりする時間も面倒ですし、ネットカフェやビジネスホテルなどでもプリンターが使えるところもありますが、手間がかかります。そこで、コンビニでプリントアウトするのがおすすめです。各種メディアにPDF形式で文書を入れておき、コンビニでメディアをセットするだけでプリントアウトできます。さっと入店してさっと使えるので、ネットカフェやビジネスホテルのように面倒がありません。街のどこにでもコンビニはありますので、あちこち探す必要もありません。

デジカメデータの印刷はコンビニで

デジタルカメラを購入するとき、印刷はどこでやったらいいのだろう?と少し迷ったことがありました。だったら写真屋さんやコンビニですぐプリントアウトできる、フィルムのほうが手間がかからないのでは、と思っていました。今はコンビニエンスストアでも、デジカメデータのプリントアウトができます。しかもセルフで、必要な写真だけ必要な枚数プリントアウトできますから、必要事項を記入して店員さんに渡して…などという手間も要りません。この便利さを知ってしまってから、写真のプリントはコンビニで済ませるようにしています。ただ注意したいのは、デジカメの縦横比率と、コンビニの印画紙の比率が微妙に違うのだそうで、構図によっては縦か横が少し切れます。この点は、デジカメの設定を変えたり、それを計算して撮影しておくことで回避できます。

論文が途中で行き詰ってしまった!そんな時にお便りください!書ける屋! 通信課程のレポートのまとめての依頼の場合も割引あり! 執筆者は国や学会からの論文受賞歴のある一流の書き手です! 資料はたくさん集められるんだけど、実際に何を書いたらいいかわからない方へ。 卒論代行やレポート代行で学生の方を応援。論文を思い通りに書けないというあなたの悩みを解決します。 書ける屋があなたの論文を代行して執筆します!